スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランプリシリーズ

Miki's View
フィギュアスケート競技のお話。

浅田真央、町田樹、中国大会優勝
おめでとうございます
町田君、アメリカ大会も良かったよー。

それにしても、頭に来る事が。
フィギュアスケート中継のカメラワーク酷すぎ。下手すぎ。ホント、我慢ならない。
私たちは競技を見てるのに、スピンで顔や指先のアップ流してどうする?
去年はもっと酷かったけどね。ジャンプの指先のアップとか平気であったよね。
昔はN○Kとかまともだったけど、最近はそうも言ってられない時がある。

指先だとか顔のアップを使って、映像をもっと印象強くアレンジしようとかしてくれてるんだろうけど、
写し手のセンスで選手をいじらないで欲しい。そのセンス要らない。
アイスショーなら何をしてもいいし、なんなら編集したって構わないと思うけど、
競技を撮影するなら、もっとカメラを引いて、選手全体を記録して欲しい。
下手で気の利かない演出とかは求めていないです。
本当に大事なのは、顔でも、印象でもなく、ブレードだと思います。
脱・キャリー | Top Page | 見えてく〜る

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。